メニュー
在宅医療資源マップ
新川地域在宅医療支援センター
新川地域在宅医療療養連携協議会
メディカルケアネット蜃気楼
あんしん在宅ネットにいかわ
診療材料共同購入システム
富山県在宅医療支援センター   富山県新川厚生センター
富山県在宅医療支援センター

別ウィンドウで開きます

富山県新川厚生センター
在宅医療・介護ネットワークの手引
 

医療職・介護職・福祉職のための

ケアカフェにいかわ

2017年 開催報告

 
 

◎ようこそ!「ケア・カフェ」へ

 「ケア・カフェ」は、まったく新しいコンセプトで行われる医療者、介護者、福祉者の集まりです。
これは「カフェ」です。そう、コーヒー片手にケーキやドーナツを食べながらおしゃべりする
あのカフェ。「ケア」という字がついていますので、ただ集まって雑談をするだけではないですが、
雰囲気としては巷にあるカフェをイメージしてもらえるといいと思います。

さて、ケア・カフェで何をしていくかというと、それは顔の見える関係づくりと日頃のケアの
相談場所の提供です。このありそうでなかった場を作るために、多少の戦略といくつかの工夫を
もってケア・カフェを作っていきます。

その戦略と工夫、背景にある考えを共有することも今後のカフェの活動に大切ですので、
大きな紙に書いていきたいと思います。「いいね!」と思った方は、ぜひともカフェに参加し、
一員となってください。さあ、あなたも自分のカップを持って会場へお越しください。


 
 
◎第9回ケアカフェにいかわ 開催報告 2017/11/15 UPLOAD!
日 時 平成29年11月9日(木)19:00~21:00
場 所 黒部市国際文化センター コラーレ
マルチホール
テーマ 「看取り2」
参加者
38名(他スタッフ12名)

医師1名
薬剤師6名
看護師5名
社会福祉士5名
介護福祉士4名
理学療法士1名
介護支援専門員7名
介護職1名
ホームヘルパー4名
議会議員1名
相談員1名
事務長1名
僧侶1名
   
 
 
 
 

アンケート結果PDFダウンロード PDFダウンロード

 


今回の参加は何回目ですか?


今回の『ケアカフェにいかわ』を何でお知りになりましたか?


その他 内訳
職場4人、支援協より1人、無回答1人

 

勤務先の所在地はどちらですか?


その他 内訳
富山市1人、射水市1人

職種は何ですか?(複数回答あり)


その他 内訳
社会福祉士5人、介護福祉士4人、介護タクシー1人、事務長1人、理学療法士1人、無回答1人

 

性別


年代


 

今回の『ケアカフェにいかわ』のテーマは語らいやすかったですか?


今回の『ケアカフェにいかわ』での語らいは役にたつものでしたか?


 

また『ケアカフェにいかわ』に参加したいと思いますか?


今後、取り上げてほしいテーマは何ですか?

  • みよりの人がいない人の支えん
  • 認知症
  • 1.認知症 2.食べる 3.性の問題
  • 色々問題をランダムに 良い
  • 口腔ケア-について
  • 施設等での食事形態について
  • 食事寿命について、フレイフとは?
  • 精神障害の方々の在宅ケアに関して
  • “死”に関するテーマ
  • HPと地域との連携について
 

今後、『ケアカフェにいかわ』のスタッフをやってみたいと思われますか?


 
◆ご意見をご自由にどうぞ◆
  • スタッフの皆さんお疲れ様でした
  • 来年5月のカフェ楽しみにしています。
  • いつも御苦労様です。有難うございます
  • 楽しい時間を過ごせました。色々と勉強になりました。各職種とのかかわりができる場所をありがとうございます
  • 看取りのテーマで、たくさんの方、たくさんの職種の方の意見が聞けてとても勉強になりました。在宅チームで看取りを支えていきたいです
  • 自由に話せる雰囲気でよかったと思います
  • 仕事でもプライベートでも看取りにかかわった経験がほとんどなかったので、多職種で経験もある皆さんのお話が伺えてとても勉強になりました。
  • いろんな職種の方の話がきけて、とても勉強になりました。
  • 看取りに対して、不安があるが、他者さん達の話を聞き、勇気づけられた。今後のケアに生かしていきたい
  • 家での死を自然な形であたり前となっていったらいいと思いました
  • いろんな場で働くいろいろな職種の方とお話することができてまだまだ自分の知っている世界は狭いなと感じた。視野を広くもちたいなと感じました。
  • 看取りは何度話合っても勉強になると感じました。多職種の方との貴重な時間をありがとうございました。明日からの自分に活かしていきたいです。次回も参加させて頂きます。
  • ふせんを使ったワークショップが良いかも
  • とても中身のこい話ができたことが幸せでした
  • 前回の「看取り」とちがって今回は仕事として接した体けんや、自分の場合、家族についてわきあいあいと話をして良かった
  • 多職種の皆さんから貴重なお話しを伺い看取りに対して改めて学ばせて頂きました。ありがとうございます
  • 途中からの参加でしたが、楽しくお話をさせていただきました。他の職種の方とお話しできることはとても有意義なことです。また参加させて下さい
  • 看取りに関して、様々な立場の方々の体験談、考え方の話し合いができて、とても良い経験ができました。ありがとうございました。
  • 「看とり」、すごく勉強になりました。看取りの時間のケアの重要性、ヘルパーとして出来ること、たくさん教わりました
  • 学生も含めて今回のような内容ができたら、薬剤師の死に関わる教育をあまりうけていない学生の経験になるのでは
  • ありがとうございました。“死”の意味をもっと考えたいと思います
  • 看取りのテーマは興味深かったです
  • 初めての参加でしたが、とても楽しく、勉強になる会でした。ケアカフェ、すごく良いと思います。次回も参加しようと思います!
  • 話しやすい空間で、初めての参加でしたが楽しかったです。ありがとうございました。
 
 
 
◎第8回ケアカフェにいかわ 開催報告 2017/5/29 UPLOAD!
日 時 平成29年5月27日(土)14:00~16:30
場 所 黒部市国際文化センター コラーレ
マルチホール
テーマ 「仕事・家庭・子育て・介護」
参加者
32名(他スタッフ12名)

医師2名
薬剤師6名
保健師2名
看護師6名
作業療法士1名
介護福祉士1名
介護支援専門員5名
介護職4名
議会議員1名
相談員1名
医薬品卸3名
その他1名
   
 
 
 
 

アンケート結果PDFダウンロード PDFダウンロード

 


今回の参加は何回目ですか?


今回の『ケアカフェにいかわ』を何でお知りになりましたか?


その他 内訳
職場の上司1人、無回答1人

 

勤務先の所在地はどちらですか?


その他 内訳
富山市4人

職種は何ですか?(複数回答あり)


その他 内訳
作業療法士1人、医療品卸1人、市議1人、MR1人

 

性別


年代


 

今回の『ケアカフェにいかわ』のテーマは語らいやすかったですか?


今回の『ケアカフェにいかわ』での語らいは役にたつものでしたか?


 

また『ケアカフェにいかわ』に参加したいと思いますか?


今後、取り上げてほしいテーマは何ですか?

  • 地域包括ケアシステム
  • 緩和ケア、看とり
  • 医療・介護業界の今後、将来
  • 介護職の今後について(きゅうりょう、人不足)
  • 2025年問題について
  • 訪問医療・介護、地域との連携
  • 在宅医療
  • 認知症の現状、支援の現場をまた聞きたい
 

今後、『ケアカフェにいかわ』のスタッフをやってみたいと思われますか?


★ご意見
・遠方の為、スタッフは無理です。
・参加もしたいし、話し合いもしたいし

 
◆ご意見をご自由にどうぞ◆
  • 初めてでしたが、とても有意義なお話ができました。年齢も幅広いし、いろいろな体験となりました。
  • 4つのテーマでとても話しやすかったです。ただ、話し足りないと思うことが多々あり、テーマを絞る。Chat1と2でテーマを分けるとより良かったと思います。
  • 初参加でしたが、多職種の貴重な意見がたくさん聞けて面白かったです。
  • みなさんが話しやすいようでとてもよかったです。いろいろな話が聞けて気持ちも楽になりました。
  • いろいろな人の話がきけて楽しかったです。
  • チャット3の発表の中で「人をほめる」ことのたいせつさを今さらながら感じました。認知症の人→自分を認めてほしい。今後念頭におき接したい。
  • 他職種の貴重な意見が新鮮でした。
  • 他己紹介に時間がかかるので、短かめになるようなもので、ケアカフェで制度の話しばかりされても…
  • 看護師、薬剤師さんが多く、とても勉強になりました。連携していくことがとても大切だと思いました。