メニュー
在宅医療資源マップ
新川地域在宅医療支援センター
新川地域在宅医療療養連携協議会
メディカルケアネット蜃気楼
あんしん在宅ネットにいかわ
診療材料共同購入システム
富山県在宅医療支援センター   富山県新川厚生センター
富山県在宅医療支援センター

別ウィンドウで開きます

富山県新川厚生センター
在宅医療・介護ネットワークの手引
 

第6回 新川地域在宅医療支援センター 市民公開講座

『どうする?認知症になったら?~住み慣れた地域で安心して暮らすには?~』

 
 
 
【黒部地区】 | 開催報告 | アンケート結果 |
【入善地区】 | 開催報告 | アンケート結果 |
 

 我が国では、50年前に比べて平均寿命は男性では13年、女性では14年伸びて、現在は各々およそ80才と87才となっています。寿命の伸びに伴い認知症の増加が大きな問題となっています。自分や家族が認知症になったらどうなるのだろうと皆さん大変ご心配のことと思います。政府は「認知症対策等総合支援事業」などの施策を打ち出しており、認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができる社会の実現を目指しています。黒部市ではどのような具体的な対策が取られているのでしょうか。本日の第一部では朗読劇を通して分かりやすく認知症に対する現在の対策を解説致します。第二部では本年も大蔵暢先生に認知症についてのご講演をお願いしております。皆様には市民公開講座を通して、認知症に対する理解を深めて頂きたいと思います。

市民公開講座 黒部地区世話人:藤が丘クリニック 藤岡照裕


  1. 黒部地区
    【日  時】 平成29年6月24日(土)14:00~16:30
    【場  所】 黒部市国際文化センター コラーレ マルチホール
    【特別講演】 大蔵 暢 先生

  2. 入善地区
    【日  時】 平成29年7月22日(土)14:00~16:30
    【場  所】 入善まちなか交流施設うるおい館 イベントホール
    【特別講演】 大蔵 暢 先生

◎大蔵 暢 先生プロフィール
    下新川郡朝日町出身。富山医科薬科大学を卒業後、聖路加国際病院などを経て2001年に渡米。
    ワシントン大学やミシガン大学で老年医学・高齢者医療を学んで2009年に帰国。
    東京の老人ホームでの医療にたずさわった後、昨年(2016年)10月から
    宮城県大崎市に診療所を立ち上げ在宅医療に従事している。
    著書:「老年症候群」の診察室(朝日新聞出版)

 
 
 
◎入善地区 開催報告 2017/8/1 UPLOAD!
  日 時 平成29年7月22日(土)14:00~16:30
場 所 入善まちなか交流施設うるおい館
イベントホール
主 催 新川地域在宅医療支援センター
共 催 新川地域介護保険・ケーブルテレビ事業組合、入善町、朝日町、黒部市、魚津市、富山県在宅医療支援センター、新川地域在宅医療療養連携協議会、メディカルケアネット蜃気楼、富山県新川厚生センター
後 援 富山県
一般社団法人下新川郡医師会
一般社団法人魚津市医師会
公益社団法人富山県医師会
公益社団法人富山県看護協会
公益社団法人富山県薬剤師会
富山県訪問看護ステーション連絡協議会
富山県介護支援専門員協会
一般社団法人富山県作業療法士会
一般社団法人富山県理学療法士会
富山県ホームヘルパー協議会
あさひ総合病院
黒部市民病院
富山労災病院
富山県在宅医会
富山県保険医協会
一般社団法人富山県歯科医師会
下新川郡歯科医師会
黒部市歯科医師会
魚津市歯科医師会
社会福祉法人富山県社会福祉協議会
内 容 第一部
介護サービスを利用しながらの在宅療養
 「認知症になったら」

第二部
特別講演
 「『終(つい)の生活』を計画しよう」
 講師: 大蔵 暢 先生(やまと在宅診療所大崎 院長)
参加者 197名
 
 
 
 

アンケート結果PDFダウンロード PDFダウンロード

 

今回の参加は何回目ですか?
(今回で13か所開催しています。)


今回の公開講座を何でお知りになりましたか?(複数回答あり)


 

お住まいはどちらですか?


その他 内訳
富山市2人

性別


 


年代


今回の講座はわかりやすい内容でしたか?
(複数回答あり)


 

今回の講座の内容は役にたつものでしたか?


またこのような市民公開講座に参加したいと思いますか?


 
◆ご意見◆
  • 「これからの人生をどう過ごしていくか」その視点を与えていただいた気がします
  • 具体的な寸劇はとてもわかりやすくよかったと思います。皆さんお上手でした
  • 僕は66才で死を意識してきました。生の価値はわかりません
  • 第一部とてもわかりやすくて良かった。今回一回だけではもったいないです。
  • 「幸福とは貢献感である」(アドラーの言葉)非常に共感出来る言葉です。高齢者にどう貢献感を持ってもらうか…課題です。
  • 涌谷町のお話をいろんな面で聞き、その他のこと、知らない事が沢山お話して頂き、平均余命を聞き、何か自分のことを考えることが出来、大変参考になりました
  • げき、によって、わかりやすい!又、とっても楽しかったです。ただ話だけでは分かりにくい点も、良くわかるし良かったです
  • 高齢者の多い地域でのケア、又、自分のこれからも考えてこれから社会、家庭で生きていゆく方向性についても、勉強となりました。生き方全般へのアドバイスになり、機会あるごとに受講したいです。次回も大蔵先生の講演お願いします。
  • 第一部、とってもわかりやすく、年齢いっても安心しました。第二部、大蔵先生とても勉強になりました。大ファンになりました
  • 第一部の話はわかりやすく良かったです
  • 家族と対話をすること。今現在取りくんでいる事を(スポーツセンター等入善体育館筋トレ)で体を動かす他人と話をすること
  • 大変良かったです。次き楽しみにしています
  • いずれは通る道です。若い時元気なうちに知っておくべきだと思います。また頭の中にも入れておくものだと認識しています。実生活に入ると忘れがちになり忙しいの毎日がつらいです。ありがとうございました!!
  • 生活の質を上げて予命をもっとのばそうと思います
  • Dr大蔵の話は素晴らしかったです
  • 寸劇がとてもわかりやすくて良かった。「幸福とは貢献感である」本当にそうだと思います
  • 第1部では演劇を入れての説明、理解することが出来ました。第2部ではわかりやすいデータをもちいての説明だった。1部2部とも講座に参加出来て大変よかった今後に生かしたい
  • 入善町にも沢山の施設がある事を知りました。(チョットビックリしました)
  • 大蔵先生の話とても良かったです
  • 大蔵先生のお話は大へん良かったです。これからの生活の中に取り入れて行きます。勉強になりました。ありがとうございました。
  • 今日のお話をうかがい、なにか安心したひとときでした。ありがとうございました
  • とてもわかりやすくこれからも生がいを見つけ日々過ごしていきたいと思います
  • 大蔵先生の話しは、具体的で大へん良かった
  • 1人暮らしとなった今このような公演は身につまされます。今日の話をくり返し思い出し1日でも皆んなに迷惑をかけないでと思っています
  • 物語、楽しく観ました。途中、介ゴの説明がされてとてもわかりやすかったです。すばらしい役者さんでした。終の生活について、死ということをあまり考えたくなかったが自分の最後を考える事も大切だと思いました。貢献感を感じながら生きたいです。ありがとうございました。
  • 1部の劇、楽しかったです。皆さんお疲れさまです
  • もし自分の家族が認知症になったら、介護が必要になったら…と心配になったことがありますがそんな時に具体的にどうすればいいかは、知りませんでした。今日の講座に参加して、どう行動すればいいのかよく理解できました
  • とても分かりやすかったです。みなさんの努力に感謝です
  • 寸劇がわかりやすく楽しかったです。入善町の施設のスタッフ(ビデオで紹介)の顔が見られてよかったです。大蔵先生の講演はデーターの説明もわかりやすくまた聞いて勉強したいと思った。※無断でカメラ、ビデオは撮らないでください!!
  • 寸劇はとてもわかりやすい説明で、芸達者の出演者の方達でとても楽しかったです。大蔵先生の話しをきくな2回目ですが、何回聞いてもためになり、納得のいく良いお話です。ありがとうございました。
  • 第一部、全てが凝っていました。なんか感動しました!!第二部先生の哲学的なお話には、いつも感銘を受けます。中川先生や日野原先生の意思を受け継いで今後もご活躍ください。必要とされていないと感じることが、一番つらいことだと思います。社会への貢献ができるよう頑張りたいと思います
  • 入善町にはさまざまなサービスがあり、安心して老後を過ごせるシステムがととのっていて素晴らしいと思いました。劇の内容も楽しくて、とてもわかりやすくよかったです。
  • 寸げきをまじえてだったのでわかりやすかった
  • 家族に近い寸劇みて参考になりました
  • たくさんの施設がありますね安心しました
  • 寸劇でとてもわかりやすく説明してもらいありがとうございました。これで老後を安心してすごせそうです。
 
ご協力、誠にありがとうございました。皆様のご意見を参考にして、より良い市民公開講座を開催するように努力します。
新川地域在宅医療支援センター主催 第6回市民公開講座
運営委員長   藤岡 照裕(黒部市 藤が丘クリニック)
世話人   川瀬 紀夫(入善町 川瀬医院)
    丸川 浩平(入善町 丸川病院)
 
 
◎黒部地区 開催報告 2017/7/18 UPLOAD!
  日 時 平成29年6月24日(土)14:00~16:30
場 所 黒部市国際文化センター コラーレ
マルチホール
主 催 新川地域在宅医療支援センター
共 催 新川地域介護保険・ケーブルテレビ事業組合、魚津市、黒部市、入善町、朝日町、黒部市、富山県在宅医療支援センター、新川地域在宅医療療養連携協議会、メディカルケアネット蜃気楼、富山県新川厚生センター
後 援 富山県
一般社団法人下新川郡医師会
一般社団法人魚津市医師会
公益社団法人富山県医師会
公益社団法人富山県看護協会
公益社団法人富山県薬剤師会
富山県訪問看護ステーション連絡協議会
富山県介護支援専門員協会
一般社団法人富山県作業療法士会
一般社団法人富山県理学療法士会
富山県ホームヘルパー協議会
あさひ総合病院
黒部市民病院
富山労災病院
富山県在宅医会
富山県保険医協会
一般社団法人富山県歯科医師会
下新川郡歯科医師会
黒部市歯科医師会
魚津市歯科医師会
社会福祉法人富山県社会福祉協議会
内 容 第一部
介護サービスを利用しながらの在宅療養
 「認知症になったら」

第二部
特別講演
 「『終(つい)の生活』を計画しよう」
 講師: 大蔵 暢 先生(やまと在宅診療所大崎 院長)
参加者 198名
 
 
 
 

アンケート結果PDFダウンロード PDFダウンロード

 

今回の参加は何回目ですか?
(今回で12か所開催しています。)


今回の公開講座を何で
お知りになりましたか?


その他 内訳
市報1人、民生委員2人、ボランティア3人、協議会会員1人、医薬品卸1人、まちなか1人、無回答3人

 

お住まいはどちらですか?


その他 内訳
小矢部市1人、無回答1人

性別


 


年代


今回の講座はわかりやすい内容でしたか?
(複数回答あり)


 

今回の講座の内容は役にたつものでしたか?


またこのような市民公開講座に参加したいと思いますか?(複数回答あり)


 
◆ご意見◆
  • 大変判り易い、寸劇形式の介護・ケア施策の紹介で将来の参考にしたいです。
  • 親の介護で病院3ヶ月毎に探す必要性がありました。現在もその制約は変わってないのでしょうか?
  • 中川先生のおすすめが以前あったので、ぜひおききしたいと思ってきました。やはり量と質の関係をエビデンスとして提示して頂くとストンと胸におちました。のがれられない問題にみんな対応することですね。
  • 地域在宅支援センターの利用を理解しました。
  • 成人病と老人病の会計の話は、勉強になった。
  • 一部、二部も大変勉強になりました。私もおばあちゃんが88才ですので、いつ何が起こるかわかりませんので、今は、とても元気ですが。
  • 介護の流れが理解できました。
  • 福祉の有り方として高齢者への現金丸投げよりやはり心・温もりある手・足が一増大事な時代になると思います。
  • 生きる質の大切さ、残された時間の過ごし方、生きがいを生きる最後まで自分らしく生きたいと思った。
  • もし、認知症になったら手続きが多くてたいへんだと思いました。本人も家族もたいへんです。お世話する人も。
  • 1部寸劇とプレゼンの組み合わせ、すごく分かりやすかったです。役者の演技もすごくよかったです。サービスの全体像がよく理解できるような内容でした。2部すごく分かりやすく、さんこうになること、考えさせられることがありました。
  • 1人暮らしの現在、ひとごとではなくとても勉強になりました。
  • 87才になります。主人と2人きりの生活の中で、現在は元気ですが、心の中では、やはり心配があります。(今後の生活の)今日の公演で心配は「一人で抱え込まないで、相談しなさい」涙が出ました。本当に今は参加してよかったです。大蔵先生のお話しは、とてもとても力づけられました。司会の金澤さん素晴らしかったですよ。
  • いろいろ勉強になりありがとうございました。
  • 又機会があれば聞いてみたい。
  • 終の事前計画を実行しようと考えましたが、5年後、10年後に今の考え方が変化している事もあり得るので、毎年、自問自答しようと思いました。
  • 良かったです、ありがとうございました。
  • 102歳で行った母を1:1でみとりました。今独居、不安
  • よかったけど出演者の声が少し聞きとれずらかった。(声が小さい)大蔵先生のお話はとても良かった。
  • 住み慣れた家で出来るだけ長く生活し終末を家で迎えられるのは夢です。在宅医療を支えてくれる医師が少ないと思います。
  • 大蔵先生の話は良かったと思いました。寸劇の方は声が聞こえにくくマイクがあれば良かったと思います。
  • 自分の年と合わせて、不安が大きくなります。でも今までどおり好きなことをたくさんもって、たくさんの人と合って生活できたらいいな。
  • 認知症になってもある程度は心配しないでも良いと思った。いろんな方法があるとわかりました。とにかく困ったら相談しよう。
  • 一人暮らし(独身、子供のいない人)の人はどうするんだろうと思いました。
  • 第一部の寸劇やら、支援センターの説明などすごく理解出来て良かったです。認知症になりたくないと思いますが、すでになりつつあるのではないかと不安です。
  • 大変わかりやすかったです。ありがとうございました。
  • 寸劇もマイクを使って欲しい。少し聞き取りにくいところもあるので。自分が認知症になった場合、すごく不安でしたが、町中にもいろいろな施設があったり、相談出来るので少し安心しました。同居はしていますが、息子達に迷惑はかけたくないので、お話を聞いて大変良かったと思います。老人には生きがいが必要→有意義な話でした。
  • 親や姑の介護を思い出しながら聞いていましたが、これからは、自分の事として考えていかねがならない事ですね。ある程度わかっていてもエンディングノートの記入することは少し抵抗のある現在です。(66才)
  • 一部についての意見です。大変わかりやすくためになった。私のようなもの(理解しにくいおぼえがわるい)でもよくわかりました。ありがとう。日本一の講座です。
  • いろんなテーマを計画してもらいたい。(脳障害について等)
  • いろいろな具体例を挙げて教えて下さりありがとうございました。
  • 事前ケア計画をつくりたい!
  • 深く考えさせられました。だれでもなりうるかも。勉強になりました。
  • 寸劇をまじえての説明で分かりやすかった。残りの人生を考える事が大切。幸福感を大切と思った。
  • 冊子がほしいです。入院すると認知症がすすむと言われていますが?家族がいて退院できればいいですが、これから一人暮らしが大変多くなります。民間の介護施設も担い手を確保できず、閉じこめられています。今の現状、この先の見通し対策など知りたかったです。今日の知識も必要ですが。
  • 老後の事を考える事が出来ました。誰かの役にたつ事が大切ですね。人生の質と量が大切。どちらを選ぶか中島京子さんの本、読んでみます。
  • 大蔵先生の大きなあたたかい気持ちにふれ、感動しました。これからの自分の日々に、具体的に目を向けていきます。お話をきけて良かったです。ありがとうございました。
  • いろんな話が聞けて安心半分、不安半分、その時になってみないとわからないように思いました。ありがとうございました。
  • 大蔵先生の生活の質と量、いつも考えていました。
  • 黒部市頑張っているな!!って感じました。
  • 他職種の連携について、とてもわかりやすい説明とお話、演劇でした。講演もとても良かったです。ありがとうございました。
  • 黒部にあるサービスが分かりよかった。2部では、たくさんの事例を通して認知症になってもその人らしく暮らしていけると良いと思った。
  • おつかれさまでした。大変丁寧なわかりやすい劇で、あっという間の時間でした。有難うございました。
  • 橋本さんの考え方、近所の声かけをもっとすればいいと思います。地域力が必要だと思います。
  • 出来るだけ多くの方と会話出来るように近所つき合いを良くして行きたく思います。家の中にいてテレビばかり見ていないようにしたいです。
  • 大蔵先生は立ちっぱなしでの講演は大変にお疲れ様でした。
 
ご協力、誠にありがとうございました。皆様のご意見を参考にして、より良い市民公開講座を開催するように努力します。
新川地域在宅医療支援センター主催 第6回市民公開講座
運営委員長   藤岡 照裕(黒部市 藤が丘クリニック)
世話人   金田  真(黒部市 金田クリニック)